銀行か?消費者金融か?

最近ではCMでもカードローンのことがよく流れており、 皆さんの関心も高まってきております。 しかし、そんななかで生まれてくる疑問は、 果たしてどこのカードローンを利用するのが一番いいのだろうか? という点ではないでしょうか。
なかなか比較しているようなものもないため、利用者である私たちにとっては難しい問題です。 確かに比較してみても、ここが一番いい!と断定するには難しいものがあります。 そもそもカードローンのようなサービスを行っているところで大きく分けると2つあります。 それは銀行と消費者金融です。
厳密にいうと闇金のようなところも含まれますが、 とりあえずそこは危ないのは皆さん周知されていると思いますので省きます。 そんな銀行や消費者金融ではそれぞれにメリットがあったり、特有のサービスを行っています。 だからこそら一番を決めるのは難しいのです。
では、銀行と消費者金融の大まかな違いについて考えてみましょう。

自分の用途に合わせて利用。

銀行のカードローンというのは比較的金利が安く設定されています。 銀行はそもそもお金を貸した金利にて成り立っています。
大きい商品になると住宅ローンやマイカーローンとありますが、 こういったものは誰にでも受けられるものではありません。
金額も大きくなるため、その分審査も厳しくなります。 しかし、多くの方にお金を借りてもらいたいと思っている銀行側は、 こういった手軽なカードローンの金利を下げることで借りやすくしています。 しかし、銀行は信用を重視します。
そのため、カードローンであってもは比較的審査は厳しめです。 一方、消費者金融は金利は銀行より若干高めです。
しかし、その分即日融資なんてサービスもあり、 審査も銀行より甘めで、スピードを重視しています。 本当に困った時に助けてくれるのは消費者金融です。
といった両者の比較ですが、金利なら銀行、スピードなら消費者金融がというメリットがあります。 あなたにあった方でカードローンを受けるというのが一番いい方法だと思います。

ページのトップへ戻る